2度目の精液検査。運動率は前回と同じだったので精密検査へ

本日、2回目の精液検査でした。

先日の初めての精液検査での結果が運動率ほぼ0%という衝撃的な結果だったので、自然妊娠だった一人目の頃と今でなにか生活習慣が変わったことがあったかなと考えた結果、、

主人は小さい頃からシャワー生活だったのに娘が産まれてからはお風呂係などで湯船にしっかりつかるようになったことくらいしか思いつきませんでした。

しかし精子について調べてみると、精子は熱に弱いため熱いお風呂やサウナは避けるべきという内容の記事がありました。ということで、とりあえず前回の精液検査以降は湯船はストップしていた主人。

さて、本日2回目の精液検査結果は、、、

量→OK
精子の数→OK
精子の運動率→やっぱりほぼ0%

という内容でした。

湯船はやっぱり関係なかったみたいです(笑)

ま、それもそうですよね、お風呂大好き日本人、湯船につかっただけで精子が死んでしまうなんてことになればこんなに日本人がいるわけありません(笑)
予想通りの結果で私は少々落胆したとはいえ、

カウンセラーさん的にはすでに我が家には長女がいることを考えると、
昔から精子の運動率が0%だったと考えるよりはもしかしたら何らかの原因で著しく運動率が下がっている可能性もあるかもしれないということだったので、確かにそれも納得です。

精子運動率0%で自然妊娠に至るというのは医師的にはありえないことらしいので、
何か原因がはっきりみつかれば改善策もあるかもでしょう、、、

とにかく、本日もこんな結果でしたので、

主人は男性不妊の別のクリニックへ転院して精密検査です。
私は血液検査等々の一連の検査(通水検査を除く)では特に悪いところもないので、主人の精密検査結果が出て治療方針が決まるまで通院の必要なしとのことでした。

今までは明石市の久保みずきレディースクリニックの明石診療所で診て頂いていましたが、今後の主人の精密検査は神戸、三ノ宮の英ウィメンズクリニックでとなりました。

英ウィメンズクリニックは体外授精もされている不妊治療で有名なクリニックですので、
だんだんと不妊治療のステップアップをしている感が満載です(笑)

ちなみに、三ノ宮の英ウィメンズクリニックでの男性不妊外来は土日と水曜日の決まった時間のみで、その時間しか男性不妊が専門の泌尿器科の先生がいらっしゃらないそうです。

そもそも男性不妊専門の泌尿器科の先生って、日本でたった30人ちょとしかいないらしいので、先生大忙しであちこち掛け持ちされているのでしょうね、、

はてさて、精密検査はどうなることやら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です