子育てママ、正社員からパート職へ変わると年金はどうなるの?

共働き子育て中の筆者ですが、娘はまだ2歳、長い人生のうちで子どもと一緒に過ごせる時間はほんの一部。だからもっと娘と一緒にいたい!という思いが常に頭から離れません。もしも私が正社員の今の仕事を辞めてもっと短時間勤務のパート職になったら、社会保障、とくに年金はどうなるの?という疑問について調べてみました。

夫が会社員の場合、パート職で勤務するには以下の3パターンがありますね。そして、多くのサラリーマンの嫁は①のパターンを選択しています。

  1. パート収入が年間130万以内の場合 ⇒夫の「国民年金」「国民健康保険」に加入(自身ではお金を支払わない)
  2. パート収入が年間130万を超える場合⇒自分で「国民年金」「国民健康保険」へ加入
  3. パートとしての労働時間と日数が共に正社員のおおむね4分の3以上⇒「厚生年金」「国民健康保険」へ加入対象。

老後、どうなるのか?

まず、前提として夫は会社員として「厚生年金」に加入しているので、年金としては「国民年金」に上乗せして「厚生年金」を受給できますが、妻はというと、このようになります。

①⇒夫の扶養に入っていた場合、妻は「国民年金」分しか受給できません。
②⇒自分で支払っている「国民年金」分しか受給できない(夫の扶養に入っていたり、自身が会社員で厚生年金の期間を除く)

③⇒会社の厚生年金に入るので「国民年金」+「厚生年金」(加入期間分)もらえる
夫の扶養に入っていた場合は、もちろん国民年金分しかもらえないわけです。しかも、このサラリーマンの嫁タイプの場合、「今でも自営業の嫁は自分で国民年金を払っているのにサラリーマンの嫁は自分で国民年金を納めていないのに年金がもらえておかしい」という今話題の議論にひっかかってくるわけです。

政府としては、この①のサラリーマンの嫁タイプの人を減らし(=つまりパート職であれ厚生年金に加入してお金を納めてもらいたい)、年金をささえる人口を増やしたいとの考えがあります。

それはつまり今後の政府の方針次第でかわってしまう立場です。

年金額がどうなるか、国民保険を納めていた人ですらわからないのに、そもそも納めていないのに年金がもらる①のタイプの人が今後今と同じレベルで年金を受給できるか、とっても不透明。

旦那さんが健在であれば、旦那さんの厚生年金分があるので生活はできるでしょうが、もしも旦那さんが早くに亡くなったりしてしまえば、、、年金額が減ったり受給年齢が上がっていく可能性のある国民年金だけでは老後の生活が不安です。

個人年金をかけるかもっと自分で貯蓄していかないといけないですね。

なんだか仕事を辞めたいと思って調べ始めましたが、老後の不安もあるしやはり仕事を続けてできるだけ自身で厚生年金をかける方が良いのかな、、なんて思いました。

(厚生年金は勤め先の会社が半分負担してくれるので)

せめて通勤時間分は短縮できるように自宅の近くに正社員で転職を目指そうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です