娘の七五三にむけて髪飾りの準備。一人でできるかな「つまみ細工」

さて、11月に娘3歳の七五三のお参りが控えています。
場所は神戸の生田神社。衣装のレンタルと祈祷、あとお写真ワンポーズがセットになったお得な「七五三パック」なるもので申し込みをしています。

衣装の内覧会は先月に伺っていて当日着る予定のお着物も決まっているのですが、
髪飾りはレンタルの内容に含まれていないので自分で用意しなくてはなりません。

和装の髪飾りといえば「つまみ細工」のイメージが強いので、可愛いのがないかな~とジプシーしていましたが、気に入ったものは楽天市場で8000円ほどなので、結構。。。高い。

でもつまみ細工ってブログで作品を公開している方も結構多くいて、作り方等々を調べていくと意外と自分でも作れそう!という気になってきました。

・・・・ということで、まずは明石の市立図書館で「つゆつきのつまみ細工」という本をかりてお勉強。
※参考書はケチって買わない(笑)
するとますます、「これ作れるんじゃない?」という意欲が高まったので、
思い立ったが吉日!ということで先日明石の手芸屋さんとダイソーへ買い出しへ行きました。

つまみ細工の布(明石の手芸屋の丸十さん)
レーヨンのちりめんカット布を選択。一色30センチ四方くらいで300円ちょっと。
私は4色買ったので税込で1500円程。

ボンド(ダイソー)
水のり(ダイソー)
軽い紙ねんど(ダイソー)

しめて1900円くらい。これで一旦作りだしました。

娘のレンタルの着物の柄にあわせて選らんだ色、イイ感じです。やっぱり着物の色にあわせたかんざしがいいですもんね。これができるのが手作りの良いところ!

※我が家の場合は二人目不妊ということもありますので、子どもの七五三は長女の時しかすることがないかもしれません。なのでここは気合をいれて、ママの手作りの心のこもった髪飾りを絶対つくるぞ!と意気込んでます。

それはさておき、お花のパーツは上記の材料があれば作れますので、あとは今度、お花の中心におくビーズとか、かんざしにするためのパーツとかを追加購入しようかなと思います。
全部入れても3500~4000円あれば十分自分の気に入るような配色で豪華なものができちゃいます。

布とかは娘の髪かざりを作ったぐらいでは全然余るので、また何かに使えそうですし。

独学の「つまみ細工」ですが意外と楽しくて、
やりだしたらしばらく夜なべしちゃいそうです。

参考にしたのはこちらの本です↓

つゆつきと 晴れの日、卦の日のつまみ細工

つゆつきのつまみ細工 京都で楽しむ日本の手しごと

だいたい内容は同じような感じですが、この2冊だけ読めば作れそうな感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です