長寿院保育園に通わせて感じたメリット

待機児童の問題は地域差はあれどすべての仕事を持つママたちにとって大変重要な問題です。
どこの保育園に応募するのか、そもそも入れそうな保育園があるのか、不安だらけ。。。
少しでも情報提供になればと思い明石市の長寿院保育園について記事に致します。
こちらの保育園の評判がどうかはわかりませんが、長寿院保育園でお世話になりまして、デメリット的なものは特に感じておりません。
むしろ、長寿院保育園で良かったなと思うことが多いですので本日はその点について少し書かせて頂きます。

長寿院保育園に通わせて感じたメリット

  1. 毎朝の送迎がスムーズ
  2. 駐車場が広い
  3. 園庭が広い
  4. 立派な舞台があって、衣装も凝っている
  5. アレルギーにも対応
  6. まとめ

1.毎朝の送迎がスムーズ

復職して他のママ社員たちのお話をうかがっていると、送迎の方法って本当に園によりけりなんだなと実感致しました。
神戸市のとある認可保育園では、朝に保護者が教室まで送っていって、決まったロッカー?にお着替えやオムツの用意を入れたり、教室に置いてあるノートに連絡事項や体温を記入しなくてはならない等の作業が発生しています。

一方長寿院保育園では、手のかかる0歳から2歳児までみんな、教室まで送っていって、かばんと子供を先生にお預けしたら終わりです。所要時間たったの1~2分と、朝の登園がとっても楽です。

連絡帳も各自一つずつありますのでかばんに入れておくだけです。0~2歳児さんは毎日連絡帳に、体温、体調メモ、朝食の内容、うんちの有無、等を書いておかないといけませんが、
書くの自体は一瞬で終わりますし、その分夕方には園での様子等を詳しく先生が記入してくれているので毎日楽しみです。

3歳児さんからは先生も親も必要のある時に連絡帳に記入する、という方式に変わりますので毎日の記入はありません。

話がすこしそれましたが、登園が楽なのは毎日のことなのでとっても大事!!
ママが教室の中まで入って、あれとこれと、、、とロッカーに毎日必要なものを準備していたらそれだけで朝の貴重な5分10分が経過してしまいますよね。
ママがどこまでしないといけないのか、候補の保育園の朝の登園支度はぜひ確認されることをおすすめします。

2.駐車場が広い

近隣にはいくつか保育園がありますが、長寿院保育園はお寺なので駐車場もしっかりしています。
朝も夕方も車で送迎という方も多いと思いますのでこれも助かるポイントでした。
10台くらいは停められます。最もお迎えが混雑する夕方の6時前だと2-3台待つタイミングは確かにあるのですが、送迎はみなさんさっと済まされるので待っていればすぐに駐車できます。
特に困ったことはありません。近隣の保育園では自前の駐車場がないため路駐してお迎えに行かれている保育園もいくつかありますが、やはり路駐は心配ですし、園の出口から車まで、お昼寝のふとんと子供をかかえてしばらく歩くのも一苦労です。
自前駐車場は有難い存在です。

3.園庭が広い

長寿院保育園は園庭が広いです。毎日子どもたちは朝と午後に外遊びをさせてもらえるので、のびのびと色々な学年の子供たちが入り混じって走り回っています。
ツリーハウスも園庭に作ってあり、0-1歳さんではまだ遊べないですが、2歳児さんくらいからなら楽しく遊べます。
また、運動会も園庭で行われますので、練習もスムーズです。万国旗もはためいて、とっても運動会感があって楽しいですよ。(※運動会当日は当然ながら車での登園禁止です)

4.立派な舞台があって、衣装も凝っている

長寿院保育園はベースがお寺なので、とっても大きな本堂が舞台になっています。
天井絵があったり金の装飾があったりと、とても立派な舞台で発表会がおこなわれます。
舞台を使った発表会は年に2回で、おひなまつり発表会と七夕発表会があります。
当日は保護者の並び順も決まっていて、登場するクラスの保護者が一番前、その次のクラスの保護者がその後ろに配置されています。
クラス演目が終わると一番前で見ていた保護者が横にはけて、次のクラスの保護者が前に出る、ということを繰り返しますが、これは場所取りの必要もないですし、とっても良いやり方だと思います。
昔はお父さんたちが場所取り合戦していたのですが、おそらく問題になったのでしょう。。。

また、各発表会での衣装もとっても凝っています。
衣装は先生たちの力作なので、ママたちが夜なべすることはありません。(ここ重要!)
ママたちがすることといえば、例えば園から「○○色のTシャツを持ってきて下さい」といったリクエストにこたえるだけです。可愛い衣装でこどもたちも嬉しいらしく、娘も「こんな服着るの~♪」と報告してくれますし、親の楽しみの一つでもあります(笑)

5.アレルギーにも対応

アレルギーをおもちの子どもさんのママは、給食がとっても心配ですよね。
長寿院保育園では数年前から給食会社さんを導入しているのでアレルギー管理もしっかりされています。
給食会社の社員さんが保育園の調理室で調理して下さっていますので温かいごはんが用意されていますし、
年に2回の保護者会ではアレルギー相談会もありますので、心配ごとも相談することができます。

6.まとめ

筆者は特に長寿院保育園に対して不満な点はなく、むしろいざ他の保育園のお話を聞くと、長寿院保育園良かったなと思う点の方が多いです。ただ、これはあくまで筆者の主観ですので自分の考えに合った保育園選びが一番大事だと思います。希望の保育園に入れるかは別問題ですが、保育園に直接問い合わせる等、事前のリサーチを欠かさないようにしましょう。

長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です